喪服の種類

ここでは、喪服の種類「正喪服」「準喪服」「略式喪服」について紹介しています。

喪服の種類のイメージ画像

引用元:B-GALLERY(ビーギャラリー)楽天サイト
(https://item.rakuten.co.jp/b-galleryshop/110621433/)

各式によって異なる3種類の喪服

ブラックフォーマルを着る場面は多いものですが、式典の種類や参列する立場によってふさわしい装いを選ぶことが大切です。喪服には3段階の格式があり、最も改まった装いが「正喪服」、その次に「準喪服」、最後に「略式喪服」となります。一般的に、様々な法要の場面で通用できる「準喪服」を着用することが多いため、最初に購入するなら準喪服がおすすめです。

正喪服

格式が最も高く、公的な葬儀や告別式などの法要場面で着用します。喪主や親族、近親者といった立場の方に相応しい装いです。女性ならワンピース、アンサンブルといったシンプルなデザインで、膝がしっかり隠れているものが良いでしょう。肌の露出をおさえて、なるべく体のラインも見えないようなものを選びます。

準喪服

一般的な葬儀や告別式や一周忌の法要など、様々な場面において活躍するスタンダードな喪服です。通常、喪主や親族は正喪服を着用しますが、急な弔問・お通夜・三回忌以降の法事では近親者も準喪服を着用します。デザインは正喪服同様に、ワンピース・アンサンブル・スーツが基本ですが、派手にならなければ装飾が部分的にされていても問題ないでしょう。ベロアやサテン、レースといった素材も適度であれば使うことができます。スカートは膝が隠れるくらい、袖丈も5分袖以上で肘が隠れるくらいのものを選ぶのがベストです。

略式喪服

急なお通夜や弔問など急な悲報があった場合など、整い過ぎた装いでは失礼にあたる時に適した喪服です。近親者のみで行う「お別れの会」や「偲ぶ会」などでも使うことができます。略式喪服は黒に限らず、上下セットのダークカラーでも良いと言われていて、正喪服や準喪服に比べると制約が少なく、コーディネート次第で着まわしやすいアイテムです。ストライプや柄物でも派手でないのなら着用できます。

ブラックフォーマルは上品な素材を使っているため、日常で使う黒色のワンピースやスーツとは全然違います。急なお知らせが来た時のため、まずは準喪服を1枚手もとに準備しておきましょう。突然にも関わらず、きちんとした装いで出席することが大切です。