喪服の種類

ここでは、喪服の種類「正喪服」「準喪服」「略式喪服」について紹介しています。

喪服の種類のイメージ画像

引用元:B-GALLERY(ビーギャラリー)楽天サイト
(https://item.rakuten.co.jp/b-galleryshop/110621433/)

各式によって異なる3種類の喪服

ブラックフォーマルを着る場面は多いものですが、式典の種類や参列する立場によってふさわしい装いを選ぶことが大切です。喪服には3段階の格式があり、最も改まった装いが「正喪服」、その次に「準喪服」、最後に「略式喪服」となります。一般的に、様々な法要の場面で通用できる「準喪服」を着用することが多いため、最初に購入するなら準喪服がおすすめです。

正喪服

格式が最も高く、公的な葬儀や告別式などの法要場面で着用します。喪主や親族、近親者といった立場の方に相応しい装いです。女性ならワンピース、アンサンブルといったシンプルなデザインで、膝がしっかり隠れているものが良いでしょう。肌の露出をおさえて、なるべく体のラインも見えないようなものを選びます。

正喪服でスーツを選ぶ人は少ないと思いますが、季節によってはブラウスを着用するケースも出てきます。正喪服でのブラウスは、黒色無地でできるだけ肌が露出しないものを選びましょう。夏でも長袖が望ましいです。また、襟元もできるだけ詰まった形を選びましょう。

正喪服では洋装だけでなく、和装を選ぶ人も多くなります。女性の場合、黒喪服に黒無地の帯、草履も黒を着用します。洋装と同じく、光沢があるような装飾品はつけないようにします。

また、正喪服は葬儀や告別式を主催する立場の人が着用するものですから、遺族側でない一般参列者の場合は正喪服を選ばないのが一般的です。立場や場面にふさわしい服装を心がけましょう。

準喪服

一般的な葬儀や告別式や一周忌の法要など、様々な場面において活躍するスタンダードな喪服です。通常、喪主や親族は正喪服を着用しますが、急な弔問・お通夜・三回忌以降の法事では近親者も準喪服を着用します。デザインは正喪服同様に、ワンピース・アンサンブル・スーツが基本ですが、派手にならなければ装飾が部分的にされていても問題ないでしょう。ベロアやサテン、レースといった素材も適度であれば使うことができます。スカートは膝が隠れるくらい、袖丈も5分袖以上で肘が隠れるくらいのものを選ぶのがベストです。

正喪服としてスーツはあまりふさわしくないですが、準喪服ではスーツを選ぶ人も多くなります。スーツの場合のブラウスは、黒無地でデザインが華美ではないものを選ぶようにしましょう。袖の長さは短くても5分袖とします。

略式喪服

急なお通夜や弔問など急な悲報があった場合など、整い過ぎた装いでは失礼にあたる時に適した喪服です。近親者のみで行う「お別れの会」や「偲ぶ会」などでも使うことができます。略式喪服は黒に限らず、上下セットのダークカラーでも良いと言われていて、正喪服や準喪服に比べると制約が少なく、コーディネート次第で着まわしやすいアイテムです。ストライプや柄物でも派手でないのなら着用できます。

ブラックフォーマルは上品な素材を使っているため、日常で使う黒色のワンピースやスーツとは全然違います。急なお知らせが来た時のため、まずは準喪服を1枚手もとに準備しておきましょう。突然にも関わらず、きちんとした装いで出席することが大切です。

デザインで選ぶ人気の喪服

喪服にもさまざまなデザインがあります。できれば着る機会が少ないほうが良いのでしょうが、いざという時のために自分に合った形の喪服を用意しておきたいものです。ここでは、デザインで選ぶ人気の喪服を紹介していきます。

シンプルなデザインが中心

人気のデザインというと、やはりシンプルで飾り気の少ないタイプになります。生地や装飾品は光沢のないものとし、露出が少ないデザインを選びましょう。夏場に着用する場合でも半袖は避け、短くとも5分袖程度までとします。スカート丈や襟元にも気をつけながら、場にふさわしい喪服を選ぶようにします。

ワンピースの丈はどれくらい?

ワンピースやスカートの丈に迷う人も多いかもしれませんが、基本的には「ひざが隠れる程度」の長さが必要です。ただし、ひざ下ギリギリくらいの長さはおすすめできません。立って着用したときには隠れても、イスに座ったときにはひざ頭が見えてしまいます。できれば、イスに座った状態でもひざが隠れるくらいの長さのものを選びましょう。また、正喪服の場合はできるだけ露出が少なくなるようなロング丈を選ぶことが大切になります。

ジャケットのカラーで差をつける

ワンピースにジャケットやボレロを合わせるアンサンブル人気のあるデザインです。どの年代でもふさわしいデザインを選ぶことができますので、幅広い世代の人たちから選ばれています。

アンサンブルでは、ジャケットのカラーのデザインによって個性を演出することができます。いくつか見ていきましょう。

ショールカラージャケット

ショールカラーとは、へちま襟のこと。エレガントでフォーマルな印象です。また、堅すぎず柔らかいイメージも演出しますので、女性らしさも感じられるデザインになります。

テーラードカラージャケット

シンプルさを求める人には、キッチリとした印象のテーラードカラーがおすすめです。ただし堅いイメージになりがちですので、すそのカットや全体のデザインに丸みが入ったものが人気です。

フリルカラージャケット

優しい印象を醸し出すのはフリルカラージャケットです。デザインに立体感が出ますので、美しさも引き立ちます。エレガントで品のあるスタイルを求める人にはおすすめです。

ノーカラージャケット

ノーカラージャケットはクールで上品な印象を与えます。首元がすっきりするので、シンプルなお洒落を好む人にはおすすめのスタイルです。アレンジが利きやすいという特徴もあります。