慶事・弔事で兼用可能?

一般的に「喪服」と考えられている「ブラックフォーマル」。地域によっては、冠婚葬祭で着用する場合もあるようですが、兼用してよいものなのでしょうか。このページでは、ブラックフォーマルが慶事・弔事で兼用可能かどうかについて解説しています。

お花の画像

慶事・弔事のどちらでも兼用できるタイプがある

女性用のブラックフォーマルには、慶事・弔事といった冠婚葬祭すべてに着ていくことができるタイプと、慶事用と弔事用で分かれているタイプがあります。

冠婚葬祭用に礼服を購入したいと思ったときに、「これは結婚式でも使えるのだろうか」「お葬式でも使えるのだろうか」と思った方も多いと思います。

そもそもブラックフォーマルとは、冠婚葬祭の時に着用する改まった装いの中で、とくに黒のものを総称して呼んでいるものです。弔事で着用する喪服も、礼服という大きなカテゴリーの中にあるので、ブラックフォーマルには「慶事用」と「弔事用」で分かれているタイプと、さらにどちらでも着用できる「慶事・弔事兼用」タイプがあります。

弔事用で使えるブラックフォーマルとは

お葬式で着用する喪服は、弔事用の礼服です。黒一色なのでどんなブラックフォーマルでも良さそうに見えますが、喪服は光沢のない無地、深く濃い黒色(漆黒)が基本であり、礼服の中でも「黒色の深さ」と「質感」が違います。「アクセサリーで華やかにすれば結婚式でも使えるだろう」と考えても、色や質感の違いから喪服を感じさせるので、それはやめておいた方が良いでしょう。

喪服は深い漆黒色が基本

「ブラックフォーマル」と表示されて販売されているものでも、商品によって黒色が浅いものと深いものがあります。一般的に喪服は深い漆黒色を選ぶのが基本なので、弔事用のみで使用すると決めているのならば深くて濃い色のものを選んで購入しましょう。

慶事・弔事兼用で使えるブラックフォーマルとは

ブラックフォーマルには慶事と弔事、どちらでも着用できる兼用タイプがあります。一着購入すれば結婚式からお葬式まで対応できるので、とても便利です。

例えば光沢のある生地でも一部分だけに使用されていたり、少し華やかに見えるデザイン性の高いものだったりすると、コーディネートによっては結婚式にも使うことが可能です。

喪服を感じさせない着用法で慶事にも違和感なく着られる

慶事での兼用を考えている場合、喪服を感じさせる深い黒色は避け、軽めの生地のものを選ぶと良いでしょう。

ジャケットとワンピースのセット商品なら、別々に着回しをすることもできます。少し華やかなワンピースの上にブラックフォーマルのジャケットを合わせるなど、着回しをすることでどんな場面でも使うことができます。

慶事でブラックフォーマルを着用する場合は、コサージュなどのアクセサリーをつけて華やかさを演出すると良いでしょう。