素材

ブラックフォーマルに使われている素材の長所と短所について紹介しています。

ブラックフォーマルで使われている素材

ブラックフォーマルは黒一色の無地のため素材の差がハッキリ出やすいものです。使われている素材は、ウールやシフォン、ポリエステルなどがあり、それぞれの特徴があるので好みのものを選ぶと良いでしょう。

ウール

オールシーズン着用可能ですが、お値段が他の素材よりも高めとなります。しっかりとした手触りと着心地の良さが人気で、見た目だけで品質の良さを感じることができます。自宅で洗濯することはできません

シルク

吸水性・発散性が高いため夏は涼しく過ごせ、保温性があるため冬も暖かく着られます。独特の光沢と気品があり軽くてしなやかな着心地です。軽いので持ち運びするのにも適しています

ポリエステル

しわになりにくく発色性が高い素材です。ハリがあるもの、エレガントなドレープがあるものなど、織の違いで高級感や風合いが変わります。自宅でも洗濯が可能です。

ブラックフォーマルで使われているその他の素材

ブラックフォーマルでよく使われているその他の素材についても、長所と短所をまとめてみました。黒一色だからこそ、素材一つ違うだけでも印象が大きく変わります。品格を保ちながらより美しく見せることができるため、素材の選び方は大切なのでしっかりチェックしましょう。

レース素材

長所 袖口や襟元に施されていると、清楚で優しい印象を与えてくれます
短所 大きな花柄やスカート裾のレースの場合は、印象が良くない場合があります

シフォン素材

長所 部分使いによりフェミニンで柔らかい印象を与えてくれます
短所 透け感の強いものは相応しくないので選ばないこと、透けすぎない素材でインナーにも気を付ける必要があります

サテン素材

長所 リボンや縁取りなどで使われやすく、光沢が上品なブラックの美しさを引き立ててくれます
短所 子どもっぽく見える可能性があります。あくまで控えめに使うこと、素材の質が分かりやすいので気を付けること

織柄素材

長所 準喪服や略式喪服なら控えめなジャガード織やストライプ柄でも使えて、おしゃれ感がある
短所 最も格が高い場所では織柄は不向き、準喪服や略式喪服でも控えめな織柄を選ぶのが大切