【番外編】慶事にも使える!礼服としての着回し術

ブラックフォーマルの着回しについて調べました。コーディネートを上手くすれば、慶弔を1枚で着まわせます。

慶事に・礼服の着回し術のイメージ画像

ブラックフォーマルは喪服と礼服で着まわせる?

ブラックフォーマルはそれなりにお値段が張るものなので、お通夜やお葬式だけでなく子供の入学や卒園でも着まわししたいと考えている方は多いと思います。ですが慶弔を1枚で着まわすのはマナーとしてどうなのか、と思っている方もいることでしょう。

実際のところ、慶弔を1枚で着まわすのは「良い」「悪い」とで意見が分かれています。「ブラックフォーマルなのだからどんな式でも着ていける」という方もいれば「喪服は喪服として使う。そのほかは着まわして大丈夫」という方もいます。どちらが正解というものはないので、判断は難しいものです。

そもそもブラックフォーマルは喪服だけではありません。出回っているブラックフォーマルには「浅い黒色」と「漆黒色」があります。「漆黒色」を購入すれば、お葬式でもハレの日でも使えますが、「浅い黒色」だとお葬式には使えませんので注意しましょう。慶弔を1枚で着まわすかどうかは地域によっても違います。その地域では着まわしても問題ないかどうか、周りの方に聞いてみるのも良いでしょう。

礼服は華やかなアクセサリーで変化を

ブラックフォーマルを着まわす場合は、アレンジをしてそれぞれの場にふさわしい装いに仕立てます。

通夜や葬儀に参列するときは、黒パンプス、黒バッグ、黒ストッキングで。アクセサリーも一連のパール程度におさえておきます。入学式や卒業式などでは、コサージュを胸にあしらったり光沢やフリルがあるブラウスを合わせることで、華やかにアレンジをしましょう。

着まわしやすいブラックフォーマルなら、ワンピースとボレロのアンサンブルがおすすめです。ワンピースとボレロならどんなシーンでも合わせやすく、他のジャケットを合わせてみたり、ショールを羽織ってみたりと応用がききます。アレンジがしやすいので慶弔を1枚で着まわすことも可能です。

最近ではパンツスーツで葬儀や法事に参列する方も増えています。葬儀の場合は黒のシフォンブラウスなどを選び、入学式などは華やかなフリルの白いブラウスなどを合わせると良いでしょう。ショールやコサージュでアレンジをすれば、柔らかい雰囲気を演出できます。