葬儀の際のヘアメイク

葬儀の場に相応しいヘアメイクについて調べました。髪の長さごとに適切なセットを紹介しています。

葬儀の際のヘアメイクのイメージ画像

喪服の時の女性のヘアメイクは

お葬式などで喪服を着た際に気になるのがヘアメイクです。喪服にはどのようなヘアスタイルにしていけば良いのでしょうか。髪の長さ別におすすめのヘアスタイルを紹介します。

  1. ショート
    髪が短い場合は、無理なアレンジは必要ありません。できるだけボリュームを抑えるように丁寧にブローしましょう。前髪が長い方はサイドに流してすっきりと。髪がつんつんと立ち上がるような方は、ワックスなどで落ち着かせます。
  2. ミディアム
    もし結べる長さがあればひとつに結ぶようにしましょう。ゴムは黒が良いのですが、なければ茶色や紺色でも大丈夫です。サイドや襟足からおくれ毛がでてしまうような場合は、ワックスをなじませてキレイにまとめます。もし結べないようなら毛先を内側にブローしておきましょう。顔周りをピンなどですっきりさせておくと、お辞儀をするたびに顔にかからずに清潔な印象になります。
  3. ロング
    ロングの場合は必ずまとめ髪にしておきます。耳より下の位置でひとつに結んだり、お団子にしてコンパクトにまとめます。ネット付のバレッタを使えば長時間でも崩れにくいのでおすすめです。結び目を高くするのは慶事のときだけなので気を付けましょう。

ヘアアクセサリーはシンプルに

髪の毛をまとめる時には、喪服に合ったきちんとした印象のヘアアクセサリーのみ使いましょう。基本的には色は黒色で光沢がないものを選びます。輝きのある華やかなものはふさわしくありません。喪服を販売しているところではヘアアクセサリーも一緒に取り扱っていることが多いので、ヘアアレンジが必要な方は喪服の購入と同時にヘアアクセサリーもチェックしておくと良いでしょう。

派手なメイクはやめておく

葬式の場では派手なメイクをするのはNGです。リップグロス、シャドー、チークも控えましょう。口紅はナチュラルな色合いのものを選びます。赤やローズなどの濃い口紅は派手なので避けるようにしましょう。それならノーメイクでも良いのでは、と思う方もいるかもしれませんが、葬式は正装をする場所なのでノーメイクでは失礼にあたるため気を付けてください。