ブラックフォーマルのマナー

はじめてブラックフォーマルを喪服として着用する場合、マナーについて悩むことも多いのではないでしょうか。どの場面でブラックフォーマルを合わせたら良いのか、小物はどうしたら良いのか、ヘアメイクはどうしたら良いのかなど、気になる点をひとつひとつチェックしていきましょう。

お通夜・お葬式で気をつけること

お通夜やお葬式に参列する場合、ブラックフォーマルの着用はどうしたら良いのでしょうか。一般的なものとしては仮通夜はブラックフォーマルを着用せずに地味な平服を着ること。通夜ではブラックフォーマルを着用しますが、取り急ぎ駆けつけるために色は黒だけでなく紺色などを合わせても良いとされています。もちろん葬儀はきちんとしたブラックフォーマルを装いましょう。

葬儀で必要なもの

葬儀で持って行くものは数少ないですが、女性ならバッグやアクセサリー、ヘアアクセサリーなどに気を付けましょう。バッグは黒一色が基本でリボンや刺繍は派手でなければ付いていても問題ありません。アクセサリーは身に付けるのなら一連のパールネックレスや一粒イヤリングなどを選びましょう。靴はヒールが低く、つや消しの黒一式のものを選びます。その他小物も、地味で目立たないものを選びましょう。

葬儀の際のヘアメイク

お葬式に参列する場合、髪が結べる女性は耳より低い位置でまとめるのが基本です。ショートの場合はぼさぼさしないようにワックスなどを使ってまとめます。結べなかった「おくれ毛」もピンでとめて、顔周りをすっきりさせましょう。ヘアアクセサリーを使う場合は、地味でシンプルなものを。ロングヘアの方はネット付のバレッタを使うと上品にまとめられます。

【番外編】慶事にも使える!礼服としての着回し術

地域によってはブラックフォーマルをお通夜やお葬式だけでなく、入学式や卒業式などの慶事にも使うことがあります。1着あるだけでいろいろと着回しができるのは大変コスパが良いものです。お通夜やお葬式に参列するときは黒の小物でシックにし、入学式や卒業式などでは光沢やフリルのあるインナーやコサージュなどで華やかにまとめます。基本的には小物でアレンジをきかせることで、慶弔を1着で着回すことが可能です。