マタニティ・授乳に対応するブラックフォーマル

マタニティー用のブラックフォーマルについて調べました。おすすめのサイズや注意点を載せています。

マタニティ・授乳に対応するブラックフォーマルのイメージ

マタニティ用はゆったりとしたものを

お腹が大きくなる妊娠中は、手持ちのブラックフォーマルを着ることができなくなってしまいます。ブラックフォーマルを着る時と妊娠でお腹が大きくなる時期が重なることは少ないので、マタニティ用のブラックフォーマルを用意してあるという方はほとんどいないものです。そもそもマタニティ用のブラックフォーマルは少なく、店舗ではほとんど目にすることはありません。もしあったとしても種類が少ないので、その中から気にいるものが見つかるかどうかは難しいものです。

マタニティ用のものはお腹まわりのサイズに合わせて買っても、袖丈などが合わなくなったりするので、シルエットにこだわる方はマタニティ用のものを選ぶべきです。ただし急に必要になった場合マタニティ用を急ぎで用意するのは大変なので、ゆったりとしたワンピースで代用しましょう。お腹がゆったりとしているタイプならお腹が大きくなってくることを気にせずに着ることができます。

他にも気を付けるべき点

フォーマル以外でも気を付けるべき点はいくつかあります。例えば靴はヒールが低めの物を選ぶようにすること。お腹が大きいとバランスを取りにくくなるので、高いヒールはやめておきましょう。

また、常にお腹を冷やさないように腹帯などでお腹周りをカバーしておくと良いでしょう。同じ姿勢を保ちやすい葬儀ではお腹の張りやむくみが多くなりがちです。冷えを防いで、張りやむくみを予防しましょう。

安定期を迎えるまで体調が不安定なので、突然気分が悪くなったりすることもあります。そのため安定期前や臨月は参列を控える方が良いのですが、どうしても参列しないといけないこともあります。そのような場合はあらかじめ伝えておくと、万が一の場合も安心です。

授乳期は前開きのワンピースを

マタニティ用のブラックフォーマルでは授乳口が付いているものがあります。授乳口が付いていれば産後も使うことができます。一般的なブラックフォーマルでも前開きタイプの物を選べば、授乳するのにも便利。ゆったりとした前開きのワンピースがあれば、産前から産後まで長く使えるのでおすすめです。