妊婦さんが参列する際の注意点

妊婦の葬式参列について調べました。参列して良いのかや、言い伝えなどを載せています。

参列のイメージ画像

妊婦はお葬式に参列して良いのか

妊娠中に家族や親せき、親しくしていた方が亡くなった場合、もし体調が良いならお葬式には参列したいと考えている方が多いと思いますが、一方で年配の方からは妊娠中に葬儀に出るとおなかの赤ちゃんに悪影響があると言われて悩んでいる妊婦さんもいるかと思います。

妊婦の葬儀の参列についての言い伝えは今はどうなっているのでしょうか。現在の対処の仕方をまとめてみました。

妊婦の参列についての言い伝え

妊婦がお葬式に参列をすると、赤ちゃんにあざができるという言い伝えがありますが、科学的根拠は全くなく、迷信です。昔は家でお葬式をしていたため、来客が来ると妊婦も立ったり座ったりすることで体力が奪われること、さらにさまざまな人が来るため病気を貰う可能性があり、そこから体調を崩してしまう可能性があることが考えられました。このようなことから妊婦を休ませるため“葬式に参列させない”ように、このような言い伝えがあったのではと言われています。

また、お葬式ではさまざまな霊が集まると言われ、その霊が赤ちゃんに悪い影響を与えるとも言われています。そこで魔除けとして妊婦がお葬式に参列する場合お腹の上に鏡を外側に向けて入れておくと良いと言われているとのこと。これは悪い霊が寂しさのあまり無垢な胎児を一緒に連れていこうとするのを、鏡によって跳ね返す意味をこめています。これもあくまで迷信ですが、今でも鏡をお守りのようにお腹に入れておく方はいるので、気になる方はやってみても良いでしょう。

体調優先でお葬式に参列しましょう

さまざまな言い伝えがあるものの、妊婦がお葬式に参列するかどうかは本人の体調次第です。もし家族が亡くなった場合は妊婦といえど多少なりとお手伝いをすることを考えなくてはいけませんし、つわりがひどい時期は周りの方に迷惑をかけてしまうかもしれません。特に悲しみが強いときは、お葬式で体調が悪くなってしまったりすることもあります。お葬式や火葬場で倒れてしまっては大変ですから、何よりも体調優先で参列するかどうかを決めましょう。

もし参列をする場合は、通常のワンピースよりもマタニティ用のブラックフォーマルの方がおすすめです。お腹周りを締め付けないように考えられているので、着心地良く過ごせます。