ママが選びたいブラックフォーマル

妊娠・出産・授乳と大変な時期が続くママ世代は、ブラックフォーマルを選ぶのも一苦労です。妊娠中はお腹が大きくなるので今までの手持ちのブラックフォーマルは着ることができません。新たに購入する場合、ママ世代はお腹をしめつけないデザインや、授乳対応ができる前開きのワンピースを選ぶのがおすすめです。マタニティ用のブラックフォーマルは販売しているところは少ないので、見つからなければ大きいサイズのブラックフォーマルで対応します。また、小さな子どもには無理にカッチリとした黒服を着せる必要はありません。手持ちの服の中から色がモノトーンに近いものを選んで着せましょう。幼稚園に入園していて制服があるなら、それを着て参列します。

マタニティや授乳に対応するブラックフォーマルを選びましょう

妊娠・出産が絡む時期のママは、急に必要になった場合マタニティ用のブラックフォーマルを探し出すのは難しいでしょう。マタニティ用ではなくてもお腹まわりがゆったりとしたワンピースなら締め付け感が少ないのでおすすめです。また、洋服だけでなく靴はヒールの低いものを選ぶこと、お腹を冷やさないことなどに気を付けましょう。安定期に入るまで体調が不安定になるので、葬儀の途中で突然気分が悪くなるもことも。マタニティの時期は体調を見ながら無理のない範囲で参列するのが一番です。

妊婦さんが参列する際の注意点について

妊婦がお葬式に参列すると良くないという言い伝えが残っています。有名なところでは、「妊婦がお葬式に参列すると生まれてくる赤ちゃんにあざができる」というものです。今では全くの迷信だと分かっていて、昔の妊婦さんを休ませるための言葉だと言われています。また、悪い霊が胎児を連れて行かないようにお腹に鏡を外側に向けて入れておくと良い言い伝えも存在。これは、現在でもお守りのように実践することがあるので、気になる方はやってみてはいかがでしょうか。